拷問施設の夢

夢で高校の文化祭みたいなところに、京都の知人といる。いつのまにか辺りは巨大な拷問施設になっていて、血のべっとりついた暗い空間の中、人が並べられて焼印を入れられたり、内臓を取り出されたり、めちゃくちゃスプラッタ。でも僕は見学者として中に入っていて、何も感じないし怖くない。

知人はなにかに怒って、あなたの大学とは格が違うからね、と出身大学をアピールしてた。

新生活の夢

多分イギリスで新生活をはじめる夢。

多階のシェアハウスをぐるぐると昇っていくと、いろいろな人が住んでいる。どこも部屋にドアがなく、たくさんの部屋をただ螺旋階段が貫いている構造。1部屋は50平米はある。
家族も2組くらいおり、新入りの僕をすこし怪訝そうに見る。最上階には音楽家の女の人がいて、ぶっきらぼうで短髪、筋肉のある白人、なにか怪しげなお酒を飲ませてくれる。
その後、トラックに添えつけられた巨大なクレーンに10人程度の人が乗って家の壁を見ていく。倒れないか不安だが大丈夫。

真っ白いヒゲのおじいさんと2人でインターネット経由のライブセッションに参加し、彼はなにか大変うまいので、楽器のできない僕もあまり邪魔な音を出さないよう気をつけて、いろいろな事を試す。2人ともソファというか巨大なクッションみたいなところに並んで寝っ転がっている。
ペコペコのバルサ材のような、薄い木箱の下にマイクを入れてポコポコと叩いたら、ポワポワした音で、隣のおじいさんもそれはいいね、みたいな顔でこちらをちらっと見る。真ん中を叩くとポワポワし、フチを叩くともう少ししっかりした打音、ゆっくり叩き続ける。

日本人2人組が出てきて、これはくだらないね、というセリフが字幕で出て去って行く。
3人の日本人の男に巨大なおっぱいがあって、ドラクエの勇者のコスプレで横一列に並んでいる、露出したおっぱいに大学生くらいの3人組がしゃぶりつく、そこだけドラマのような安っぽいお芝居感がある。

自分を雇ってくれるというリサイクルショップが見つかり、僕はそこで一度働いたことがあるようだ。
行ってみると想像よりずっと広い、その入口のところに自転車を止めて、どうするかと思っていると、佐藤さんという、以前浅草に住んでいたときの不動産屋のおじさんが目の前まで出てきて作業している。
さとうさん、と呼びかけると、振り向いてこちらを二度見、あ、大井くんか、と言う。

火を起こす夢

なにかプラスチックの、新品のセロテープの端についているような、透明な短いフィルムを使って火を起こそうとする。
プラスチックが燃えるものの、火を移すものがなく、まるめたティッシュになんとか移すが、焦げるばかりで消えてしまう。それに息を吹きかけ続けると、最後の最後に、ぽっと火がついて燃え始める。

隣で中島くんが見ていて、お、ついたやん、と喜んでくれる。その瞬間に起きる。

-----
この夢は2回見て、2回目はすでにティッシュが焦げていた。