京都のアパートにもう僕がいないこと、ドイツに向かって移動してきたこと、自分の記憶と体のことについての詩を、日本語で、Kosei Fukuda、Yと一緒に上演。