吉原で作品をやります

「吉原の新しい5時」

吉原芸術大サービスにて、夕方5時からの1分間、吉原弁財天の前にある花園公園で、集まった人達が各々好きな音を出します。その音はとても大きいので、吉原中に響きわたり、みんなが同時にそれを聞きます。吉原の新しい5時を知らせるチャイムです。

-----

10月29,30日に、東京の吉原の、吉原芸術大サービスという催しで、新しい作品をやります。

去年の今頃に、秋葉さんに誘って頂いて東京の東青梅という所で作品をやって、それから1年経ってまた偶然、こういう機会をいただけました。
東青梅からのポジティブな流れみたいなものを、今もこれからも、すごく大事にしたいし、東京での作品、を重ねていくうちに、僕にとっての東京、ひいては生まれ故郷や僕自身の過去みたいなものを、塗り替えて、まだ知らない次のアクションにつなげていきたいです。

吉原は今日から告知のビラを配りはじめます。
イラレとかの入ったパソコンを持ってきていないので、手書きで、スティックのりとコンビニのコピー機で、でもかわいいビラになった。

よろしくお願いします。

-----

ものすごい安いアパートとかに引っ越して、色んな場所で作品だけ作りたい。たまってるビデオも編集したい。去年の秋葉さんから、色んな優しい人達がクラッチをつないでくれて、一緒に作品をやってくれて、すごく嬉しい。今僕はやっと1年生だ。今回の吉原もがんばります。